第29回 ユーグレナ研究会で4年生の冨山君、卒業生の吉田君が若手優秀発表賞受賞。

2013年11月9日(土)に筑波大学で開催された第29回ユーグレナ研究会において、4年生の冨山拓矢君が口頭発表部門(演題:ユーグレナtrans-2-エノイル-CoAレダクターゼの機能解析)で、2012年度卒業生の吉田勇太君(現:慶応大学大学院政策・メディア研究科M1)がポスター発表部門(演題:RNA-Seqデータを用いたEuglena gracilis遺伝子のde novoアセンブリー)でそれぞれ若手優秀発表賞を受賞しました。おめでとう!!

tomiyama & Yoshida

重岡ユーグレナ研究会会長とともにはにかむ冨山君(中)と笑顔の吉田君(右)


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。