生化研の研究および関連研究を幅広く知ってもらうことを目的に、日本語総説やトピックス記事をよく執筆しています。それらのうち、公開記事のリストとリンクを示します。生化研に興味がある人や、生化研のメンバーにとっても有益な知識や情報がたくさんあると思いますので、是非ご活用ください。

  • 岩上拓己、丸田隆典(トピックス)
    植物の光ストレス順応における葉緑体型アスコルビン酸ペルオキシダーゼの位置付け
    ビタミン.2022年3月.印刷中.DOI:(2023年3月ごろ公開予定)
    - - -
  • 丸田隆典(ミニレビュー)
    ビタミンC代謝と植物の環境ストレス順応
    ビタミン.2022年3月.印刷中.DOI:(2022年9月ごろ公開予定)
    - - -
  • 田中泰裕、丸田隆典、石川孝博(トピックス)
    緑藻クラミドモナスのTET1 ホモログCMD1 は新規アスコルビン酸依存型ジオキシゲナーゼである
    ビタミン.2020年12月.94:589-592.DOI: doi.org/10.20632/vso.94.12_58
    - - -
  • 石川孝博(ミニレビュー)
    植物のアスコルビン酸生合成研究の現状
    ビタミン.2020年8月.94:438-442.DOI: doi.org/10.20632/vso.94.8_438
    - - -
  • 菊樂香奈、丸田隆典(トピックス)
    細胞質型アスコルビン酸ペルオキシダーゼは4-クマル酸3-ヒドロキシラーゼとしてリグニン合成に関与する
    ビタミン.2020年8月.94:450-452.DOI: doi.org/10.20632/vso.94.8_45
    - - -
  • 亀岡峰志、吉村和也、石川孝博、丸田隆典(トピックス)
    アスコルビン酸分解産物から糖へのオキサリル基の転移:植物におけるアスコルビン酸の新たな役割?
    ビタミン.2019年8月.93:337-339.DOI: doi.org/10.20632/vso.93.8_337
    - - -

  • 三冨 弦、寺井佑介、吉村和也、石川孝博、丸田隆典(トピックス)
    葉緑体から核への直接的なH2O2シグナル輸送 〜逆行性シグナルとアスコルビン酸ペルオキシダーゼ〜
    ビタミン.2018年3月.92:143-145.DOI: doi.org/10.20632/vso.92.3_14
    - - -
  • 小川貴央(総合論文)
    植物の補酵素型ビタミン代謝における Nudix hydrolaseファミリーの生理的役割
    ビタミン.2018年2月.92:53-62.DOI: doi.org/10.20632/vso.92.2_53
    - - -
  • 寺井佑介、三冨 弦、吉村和也、石川孝博、丸田隆典(トピックス)
    デヒドロアスコルビン酸還元酵素の新たな役割 〜酸化型グルタチオンを介した細胞死誘導への寄与〜

    ビタミン.2017年11月.91:660-662.DOI: doi.org/10.20632/vso.91.11_660
    - - -
  • 寺井佑介、吉村和也、石川孝博、丸田隆典(トピックス)
    植物におけるトリニトロトルエン毒性 〜モノデヒドロアスコルビン酸還元酵素の関与〜
    ビタミン.2017年6月.91:366-368.DOI: doi.org/10.20632/vso.91.5.6_366
    - - -
  • 小川貴央、重岡 成、吉村和也
    植物Nudix hydrolaseファミリーの機能解析の進展 —細胞内GDP-d-マンノースおよびNADH代謝制御の新たな役割—
    生化学会誌.2016年12月.88: 752-755.DOI: doi:10.14952/SEIKAGAKU.2016.880752
    - - -
  • 袖山 翼、石川孝博(トピックス)
    VTC2遺伝子のupstream Open Reading Frameを介した植物ビタミンC合成のフィードバック調節
    ビタミン.2016年3月.90:119-121.DOI: doi.org/10.20632/vso.90.3_119
    - - -
  • 竹内 崇、丸田隆典、石川孝博(トピックス)
    植物のアスコルビン酸輸送体がついに同定された ―PHT4;4 による葉緑体へのアスコルビン酸輸送
    ビタミン.2015年6月.89:286-288.DOI: doi.org/10.20632/vso.89.5-6_286
    - - -
  • 吉村和也、石川孝博(トピックス)
    VTC2の転写制御はアスコルビン酸生合成の明/暗調節に必須である : 複雑なアスコルビン酸生合成制御機構のマスタースイッチ
    ビタミン.2014年10月.88:535-537.DOI: doi.org/10.20632/vso.88.10_535
    - - -
  • 種子田隼人、丸田隆典、石川孝博(トピックス)
    COP9シグナロソームは光によるアスコルビン酸生合成制御のネガティブレギュレーターとして機能する
    ビタミン.2014年6月.88:289-291.DOI: doi.org/10.20632/vso.88.5-6_289
    - - -
  • 丸田隆典(総合論文)
    アスコルビン酸代謝を介した活性酸素種の生理活性調節
    ビタミン.2014年6月.88:289-291.DOI: doi.org/10.20632/vso.88.1_1
    - - -
  • Ahmed Gaber、尾形知哉、丸田隆典、吉村和也、田茂井政宏、重岡 成(研究論文紹介)
    シロイヌナズナグルタチオンペルオキシダーゼ8の核および細胞質での酸化障害の抑制への関与
    ビタミン.2013年6月.87:271-273.DOI: doi.org/10.20632/vso.87.5-6_27
    - - -
  • 吉村和也、伊藤大輔、丸田隆典、重岡 成 (総説)
    Nudix hydrolaseファミリーによるビタミン補酵素型の代謝制御
    ビタミン.2013年1月.87: 1-12.DOI: doi.org/10.20632/vso.87.1_1
    - - -
  • 丸田隆典、重岡 成(トピックス)
    活性酸素種の持つ細胞毒性作用とシグナルとしての機能 -アスコルビン酸ペルオキシダーゼによるレドックス制御-
    ビタミン.2011年1月.85:5-7.DOI: doi.org/10.20632/vso.85.1_31
    - - -
  • 西川 仁、石川孝博(トピックス)
    D-ガラクツロン酸/L-ガラクトン酸経路は光合成生物に普遍的なアスコルビン酸生合成経路だろうか?
    ビタミン.2009年3月.83:152-154.DOI: doi.org/10.20632/vso.83.3_152
    - - -
  • 吉村和也、薮田行哲、石川孝博、重岡 成(総合論文)
    レドックス制御に関わるアスコルビン酸およびヌクレオシドニリン酸類縁体(Nudix)
    ビタミン.2007年3月.81:83-93.DOI: doi.org/10.20632/vso.81.3_83
    - - -
  • 石川孝博
    トリパノソーマ科原虫には植物様のビタミンC生合成経路と過酸化水素代謝系が存在する
    ビタミン.2006年11月.80:559-561.DOI: doi.org/10.20632/vso.80.11_559
    - - -
  • 石川孝博(トピックス)
    高等植物における新規アスコルビン酸生合成経路の存在
    ビタミン.2004年10月.78:514-517.DOI: doi.org/10.20632/vso.78.10_514