5. 研究成果

各教員のパブリケーションリンク

教授 石川 孝博 

教授 丸田 隆典

准教授 小川 貴央

 

学会等発表はこちら

 

最近の業績記事一覧

・2021年7月 蘚類ヒメツリガネゴケにおけるアスコルビン酸生合成(Sodeyama et al., Plant J)

・2021年5月 葉緑体の強光ストレス防御機構-APXとPGR5の協働(Kameoka & Okayasu et al., Plant J.)

・2020年3月 グルタチオンを介したビタミンCの再生機構(Terai et al., Plant Physiol.)

・2019年12月 ユーグレナ・ミトコンドリアのプロテオミクス解析(Tamaki et al., PLos ONE)

・2019年4月 根の緑化とアスコルビン酸生合成の活性化(Shiroma et al., Plant Sci.)

・2019年1月 ユーグレナのtrans-2-エノイル-CoA還元酵素の機能解析(Tomiyama & Goto et al., Pros ONE)

・2017年10月 ユーグレナのワックスエステル合成酵素の同定(Tomiyama et al., Sci. Rep.)

・2017年7月 ユーグレナのワックスエステル発酵制御に関与するキナーゼの同定(Kimura and Ishikawa, J. Appl. Phycol.)

・2017年4月 ユーグレナのパラミロン合成酵素の同定(Tanaka et al., FEBS Lett.)

・2016年10月 NADPH代謝改変による光酸化的ストレス耐性能の向上(Maruta et al., Sci. Rep.)

・2016年3月 ユーグレナにおける発現遺伝子の網羅的同定(Yoshida et al., BMC Genomics)

・2016年1月 葉緑体型アスコルビン酸ペルオキシダーゼの生理機能の多様性および進化(Maruta et al., Plant Cell Physiol.)

・2015年5月 バイオマス生産を高めたユーグレナの分子育種に成功(Ogawa et al., Biotechnol. Biofuels)

・2015年3月 光合成生物におけるビタミンC生合成経路の進化(Wheeler et al., eLife)